事例ナビ 更新情報 『 事例ナビコラムニスト募集中 』

事例ナビ - JIREI navi 事例ナビ - JIREI navi

ホーム > 事例一覧 > 事例情報
キーワード検索
製品サービス概要 つぶやく

【VTVジャパン テレビ会議導入事例】 株式会社MORESCO様 アバイア製テレビ会議システムとVTVジャパンの保守サポートで、安定性・信頼性を重視したシステムを構築

製品情報
製品名 : Avaya SCOPIA XT5000-720 業種 : 製造(他)
製品カテゴリ : コミュニケーション 関連部署
: 経営 / 財務・経理 / 人事 / 総務 / 開発 / 製造 / 営業 / 販売 / マーケティング
キーワード
:
 
情報提供 :  VTVジャパン株式会社 掲載日
: 2016/03/24

 VTVジャパン株式会社(代表取締役:栢野 正典 本社:東京都千代田区)は、株式会社MORESCO様(代表取締役社長:赤田 民生 所在地:神戸市中央区)へ、アバイア製テレビ会議システムSCOPIAシリーズとテレビ会議保守サポートサービスを提供し、本日、導入事例をホームページにて公開しました。

 特殊潤滑油や合成潤滑油などの化学品の研究開発、製造・販売を行っているMORESCO様は、国内に6事業所、海外にグループ会社8社を構えるグローバル企業です。
 同社では、以前より国内外の営業拠点や研究開発部門との情報共有や、顧客ニーズに沿った製品開発推進を目的にテレビ会議システムを利用していましたが、通信の切断や相手先と接続できないなどのトラブルがたびたび発生したため、リプレイスを検討することになりました。
 「安定性」、「信頼性」、「高品質」を重視したシステム選定を行った結果、アバイア社の多地点接続装置を中心に据えたテレビ会議システム構成が採用されました。
 また、同社は海外拠点とのやりとりが増えていたため、VTVジャパンの技術者が直接対応するサポートや海外実績の豊富さも採用の大きなポイントになりました。
 現在、テレビ会議システムは製品別の開発・販売ミーティングや部門同士による打ち合わせ、営業会議などに幅広く利用されています。PCを使って海外からの会議参加が可能になり、場所を問わずに会議に参加できるようになったことで業務効率が大きく向上しています。
 今後は、海外にも接続できる拠点を増やし、テレビ会議システムをコアとしたミュニケーションインフラをさらに拡張していく構えです。

事例の詳細は下記のページをご参照ください。

◆VTVジャパンホームページ
株式会社MORESCO様事例
https://www.vtv.co.jp/casestudy/list/moresco.html


今回導入された製品と導入プログラムの詳細
◆Avaya製品サイト 
http://www.vcsolution.jp/

◆VTVCareサービス:リモート保守サービス
https://www.vtv.co.jp/ support/advanced1.html


【VTVジャパン株式会社について】
VTVジャパン株式会社は、1995年設立以来、テレビ会議・Web会議システムの機器販売およびレンタル、同システムに関する保守サポートや付加価値サービスに特化したテレビ会議のマルチベンダーです。全国各地、および海外のさまざまな法人・団体へ導入実績があります。
自社独自開発によるテレビ会議カスタマイズソリューションの提供も行っております。


<本件に関するお問い合わせ先>
VTVジャパン株式会社
TEL:03-5210-5021 FAX:03-5210-5022
電子メール:mktg@vtv.co.jp
ホームページ:https://www.vtv.co.jp/
マーケティング担当 : 大川・山田

各リリースの記載内容は発表日現在のものです。
その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

もっと詳しく

資料ライブラリ [会員限定] 読者会員登録はこちら

   VTVジャパン株式会社(代表取締役:栢野 正典 本社:東京都千代田区)は、株式会社MORESCO様(代表取締役社長:赤田 民生 所在地:神戸市中央区)へ、アバイア製テレビ会議システムSCOPIAシリーズとテレビ会議保守サポートサービスを提供し、本日、導入事例をホームページにて公開しました。

 特殊潤滑油や合成潤滑油などの化学品の研究開発、製造・販売を行っているMORESCO様は、国内に6事業所、海外にグループ会社8社を構えるグローバル企業です。
 同社では、以前より国内外の営業拠点や研究開発部門との情報共有や、顧客ニーズに沿った製品開発推進を目的にテレビ会議システムを利用していましたが、通信の切断や相手先と接続できないなどのトラブルがたびたび発生したため、リプレイスを検討することになりました。
 「安定性」、「信頼性」、「高品質」を重視したシステム選定を行った結果、アバイア社の多地点接続装置を中心に据えたテレビ会議システム構成が採用されました。
 また、同社は海外拠点とのやりとりが増えていたため、VTVジャパンの技術者が直接対応するサポートや海外実績の豊富さも採用の大きなポイントになりました。
 現在、テレビ会議システムは製品別の開発・販売ミーティングや部門同士による打ち合わせ、営業会議などに幅広く利用されています。PCを使って海外からの会議参加が可能になり、場所を問わずに会議に参加できるようになったことで業務効率が大きく向上しています。
 今後は、海外にも接続できる拠点を増やし、テレビ会議システムをコアとしたミュニケーションインフラをさらに拡張していく構えです。

事例の詳細は下記のページをご参照ください。

◆VTVジャパンホームページ
株式会社MORESCO様事例
https://www.vtv.co.jp/casestudy/list/moresco.html


今回導入された製品と導入プログラムの詳細
◆Avaya製品サイト 
http://www.vcsolution.jp/

◆VTVCareサービス:リモート保守サービス
https://www.vtv.co.jp/ support/advanced1.html


【VTVジャパン株式会社について】
VTVジャパン株式会社は、1995年設立以来、テレビ会議・Web会議システムの機器販売およびレンタル、同システムに関する保守サポートや付加価値サービスに特化したテレビ会議のマルチベンダーです。全国各地、および海外のさまざまな法人・団体へ導入実績があります。
自社独自開発によるテレビ会議カスタマイズソリューションの提供も行っております。


<本件に関するお問い合わせ先>
VTVジャパン株式会社
TEL:03-5210-5021 FAX:03-5210-5022
電子メール:mktg@vtv.co.jp
ホームページ:https://www.vtv.co.jp/
マーケティング担当 : 大川・山田

各リリースの記載内容は発表日現在のものです。
その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

関連事例
ログイン (読者会員、情報提供者)
ID     
パスワード 
読者会員登録はこちら
新規情報提供者登録はこちら
パスワードを忘れた方はこちらから
その他お問い合わせはこちらから
注目ソリューション
セキュリティの強化とITコスト削減に効く!「三種の神器ソリューション」(RSAセキュリティ)
IBMミドルウェアとIBMビジネスパートナーが提供する業務改革ソリューション(日本IBM)
ヒューレット・パッカードの再生製品プログラム「HP Renew Program」(日本HP)
特集
Webマーケティング特集
内部統制特集
システム連携事例特集
クローズアップ
受注登録システムと販売管理システムの間を ワークフローでつなぎシームレスに連携。 ペーパーレス化の推進と内部統制を実現。

Ruby とDB2 の組み合わせで短期間でシステムを再構築。XML データの活用でパフォーマンスと柔軟性の両立を実現。

「『お客様本位のファイナンス事業』を実現するために、業務のKAIZEN(改善)を続けています。今回FiBridgeIIを導入して、帳票まわりの業務をKAIZENしました」

ウィキを活用し 企業内の“N対Nの情報共有”を加速する「Atlassian Confluence」

AvantGard Quantum導入で決算作業を10日から1日に短縮 〜オペレーションコストを大幅に削減した多国籍食品企業

現行の勤務管理システムでは、対応できないアクセスログを取得し、抜けのない内部統制基盤を構築。

視点

Master Data Management

上級編第1回[第5の業務になるマスターデータマネージメント]

導入事例を読むワザ・作るワザ

第16回:導入事例を作ったら、どう営業に使えばいいのか?

事例ナビの眼

第1回:「いつも最新テクノロジーが必要とは限らない。低価格で地球にも優しい「再生製品」という選択。」

成長企業のための基幹業務システム

第1回:企業の成長基盤としての労務コンプライアンス

海外事例にみる企業のWiki活用

第2回:GPC Biotech社(ドイツ)

経営とITを結ぶアーキテクチャ

第7回:財務リソースの管理とITの結びつき

Twitter公式ナビゲーター twinavi
▲Twitter公式ナビゲーター twinavi