事例ナビ 更新情報 『 事例ナビコラムニスト募集中 』

事例ナビ - JIREI navi 事例ナビ - JIREI navi

ホーム > 視点 > リスト > Master Data Management
キーワード検索
 もっと詳しく >>
ホットキーワード  :  ERP CRM 内部統制 アクセス解析 ワークフロー クラウド/ASP
中級編第3回[統合マスターの実態に迫るE合マスターをどう管理すべきか]
MDMコラム[中級編]第3回特集


統合マスターで管理するマスターデータは、どのような課題を解決するのかを見据え、それに必要なものにターゲットを絞る必要がある、 という点は前回のコラムで説明したとおりです。では、管理対象となるマスターデータの種類を絞り込んだ後、実際に統合マスターをどのように管理していったらよいのでしょうか?

やや漠然とした質問なので、意味を捉えにくかったかもしれません。顧客マスターを[マスターハブ型]の統合マスターで管理するケースを例に、もう少し具体的に説明します。

顧客マスターには顧客の正式名称や担当者名など、さまざまな属性(項目)が含まれているのはご存知かと思います。これらの項目は大きく2つに分類することができます。

グローバル属性
会社コード、正式名称、略式名称、代表電話番号、FAX番号、住所など統合対象の全てのシステムで使用されているもの。

ローカル属性
担当部門名称、担当者名、担当者電話番号、口座番号、与信情報など統合対象の各システムでのみ使用されており、複数以上のシステムで共用されていないもの。

マスターデータには上記の2つの属性が存在するという前提で、顧客マスターを会計と物流、SFA(セールスフォースオートメーション)、BI(ビジネスインテリジェンス)の4つのシステムで統合するものと考えてください。

果たして、統合マスターに格納すべきものは,離哀蹇璽丱訛粟だけでしょうか、それとも,離哀蹇璽丱訛粟と△離蹇璽ル属性を合わせたすべての情報でしょうか?

これが冒頭に挙げた「統合マスターをどのように管理していったらよいのでしょうか?」という質問の真意です。

グローバル属性だけを管理するパターンと、グローバル属性とローカル属性を一緒に管理するパターン

回答を考えるに当たり、グローバル属性だけを管理するパターンと、グローバル属性とローカル属性を一緒に管理するパターンで何が決定的に異なるのかを整理しておきましょう。

一番大きな違いは、マスターデータ管理環境が分散されるか、一元化されるか、という点です。ローカル属性を管理対象から外す前者の場合、 一部マスターデータ管理環境が各システムに残ることになります。一方、後者の場合は、グローバルとローカルの両方に含まれるすべての属性が 統合マスターで管理されるため、統合マスターだけでマスターデータのライフサイクルを管理できます。

さて、質問の答えが浮かび上がってきたのではありませんか。「統合マスターを管理するという視点で言えば、グローバル属性とローカル属性を管理するのが正解だ」と。

MDM(マスターデータ管理)の教科書的に回答するなら、正しい答えかもしれません。しかし、実践的な目線で回答するなら、実は「どちらも正しいし、どちらも正しくない」のです。 「正解が1つでないなんて無責任だ」と感じられるかもしれませんが、実践を強く意識すればするほど、正解は一意に定まらないというのが統合マスターの現実です。

重要なことは、事業環境や解決すべき課題、システム環境や運用体制などに対して、どちらがより自社に適しているかを見極めることです。 当然のことですが、システム環境だけを取り上げても、各社の環境は千差万別です。ユーザーインターフェース変更に伴うユーザー部門への負担や運用時の整合性管理、 システム運用コストなどのファクターを分析し、自社と統合マスターの適性を判断する必要があります。

大切なことなので何度も繰り返しますが、MDMはあくまでも手段です。教科書的な正解にとらわれるあまり、MDMが目的になってしまわないよう気を付けたいところです。

さて、統合マスターの構築に欠かせない基本的なトピックは今回で終わりです。次回からは統合マスターと各種業務システムをつなぐマスターハブについて解説していく予定です。

インフォテリア株式会社
エンタープライズ事業部 企画部 製品担当
http://www.infoteria.com/jp/asteriamdmone/index.php

はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 Googleブックマークに追加 del.icio.usに追加 livedoorブックマークに追加
※各種アイコンをクリックすると、このページをブックマークできます。
上級編第1回[第5の業務になるマスターデータマネージメント]

中級編第5回[マスターハブに求められるもう1つの役割]

中級編第4回[マスターハブの基本概念と、重要な2つの役割]

中級編第3回[統合マスターの実態に迫るE合マスターをどう管理すべきか]

中級編第2回:統合マスターの実態に迫る統合マスターで管理するデータ

中級編第1回[統合マスターの実態に迫る:大きく2つの用法を整理しよう]

ログイン (読者会員、情報提供者)
ID     
パスワード 
読者会員登録はこちら
新規情報提供者登録はこちら
パスワードを忘れた方はこちらから
その他お問い合わせはこちらから
注目ソリューション
セキュリティの強化とITコスト削減に効く!「三種の神器ソリューション」(RSAセキュリティ)
IBMミドルウェアとIBMビジネスパートナーが提供する業務改革ソリューション(日本IBM)
ヒューレット・パッカードの再生製品プログラム「HP Renew Program」(日本HP)
特集
Webマーケティング特集
内部統制特集
システム連携事例特集
クローズアップ
受注登録システムと販売管理システムの間を ワークフローでつなぎシームレスに連携。 ペーパーレス化の推進と内部統制を実現。

Ruby とDB2 の組み合わせで短期間でシステムを再構築。XML データの活用でパフォーマンスと柔軟性の両立を実現。

「『お客様本位のファイナンス事業』を実現するために、業務のKAIZEN(改善)を続けています。今回FiBridgeIIを導入して、帳票まわりの業務をKAIZENしました」

ウィキを活用し 企業内の“N対Nの情報共有”を加速する「Atlassian Confluence」

AvantGard Quantum導入で決算作業を10日から1日に短縮 〜オペレーションコストを大幅に削減した多国籍食品企業

現行の勤務管理システムでは、対応できないアクセスログを取得し、抜けのない内部統制基盤を構築。

視点

Master Data Management

上級編第1回[第5の業務になるマスターデータマネージメント]

導入事例を読むワザ・作るワザ

第16回:導入事例を作ったら、どう営業に使えばいいのか?

事例ナビの眼

第1回:「いつも最新テクノロジーが必要とは限らない。低価格で地球にも優しい「再生製品」という選択。」

成長企業のための基幹業務システム

第1回:企業の成長基盤としての労務コンプライアンス

海外事例にみる企業のWiki活用

第2回:GPC Biotech社(ドイツ)

経営とITを結ぶアーキテクチャ

第7回:財務リソースの管理とITの結びつき

Twitter公式ナビゲーター twinavi
▲Twitter公式ナビゲーター twinavi