事例ナビ 更新情報 『 事例ナビコラムニスト募集中 』

事例ナビ - JIREI navi 事例ナビ - JIREI navi

ホーム > 視点 > リスト > 経営とITを結ぶアーキテクチャ
キーワード検索
 もっと詳しく >>
ホットキーワード  :  ERP CRM 内部統制 アクセス解析 ワークフロー クラウド/ASP
第7回:財務リソースの管理とITの結びつき
経営とITを結ぶアーキテクチャ - 小山仁(神戸情報大学院大学教授) -

財務会計の報告書は、財務諸表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書、営業報告書)であり強制的に公開することが求められますが。管理会計の報告書は、企業全体や事業レイアーの管理資料であり、任意的に作成されるものです。

会計システムは、財務会計が主目的に構築されており、企業が扱う信憑書類や会計伝票をもとに日々仕訳記帳されて、経営活動の収益とコストを集計し、期間内の資産の変化(ストック)と資金の変化(フロー)を確実に掌握することを目的とします。もちろん、取引による収益の発生源やコストの発生源が会計システムと離れた場所で、異なった情報として取り扱われているため、会計システムに正しく反映するための工夫がなされてきたことは重要です。このような経営の屋台骨を支える経営情報が、財務リソース管理の業務レイアーで取引データ、付加価値データや原価データとして取り扱われ、これらの業務処理にコンピュータやネットワークが有効活用されて飛躍的に業務処理が改善されてきたのが20世紀の出来事といえます。多くの業務処理がIT化された歴史がそこに存在します。

特に財務に関する情報は、会計システムの原理(図2)で示すように、日々の活動が勘定科目ごとに原因と結果に基づいて仕訳記帳され、取引日の順に総勘定元帳に貨幣価値換算して記帳されています。したがって、全ての経営活動の貨幣価値換算値は総勘定元帳により参照可能になっています。しかし、これは、会計原則に基づいて集計され蓄積された会計システムのデータです。これだけでは経営管理情報や企業の永続性を予測する経営戦略情報とはなりません。

図2 会計システムの原理(正確性確保の仕組
拡大表示

会計システムの総勘定元帳は、財務会計上で求められている貸借対照表や損益計算書を作成するためのデータベースとしての役割を持っています。経営レイアーが経営報告書を作成する上で必要となる経営分析用の情報とデータは、財務部門の業務プロセスの中で総勘定元帳に素データとして記帳され蓄積されます。これを基に外部に開示するIR(Investors Relations)のための開示情報がまとめられ、四半期、半期、期ごとの経営開示報告書として外部に公表されると同時に企業の公文書庫に保存されると考えられます。また、経営レイアーの役割である各種経営管理報告書類も、現実には財務リソースを管理するための業務処理プロセスであり、経営支援の業務レイアーの役割として作成されています。

<< 前へ|次へ >>

はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 Googleブックマークに追加 del.icio.usに追加 livedoorブックマークに追加
※各種アイコンをクリックすると、このページをブックマークできます。
第7回:財務リソースの管理とITの結びつき

第6回:経営の目的とビジネスアーキテクチャ

第5回:企業の永続性

第4回:ITアーキテクチャーとITガバナンス

第3回:経営レイアーにおける情報システムのあり方

第2回:経営レイヤーの活動システム

第1回:ITを考える前に、まずビジネスアーキテクチャをかためる

ログイン (読者会員、情報提供者)
ID     
パスワード 
読者会員登録はこちら
新規情報提供者登録はこちら
パスワードを忘れた方はこちらから
その他お問い合わせはこちらから
注目ソリューション
セキュリティの強化とITコスト削減に効く!「三種の神器ソリューション」(RSAセキュリティ)
IBMミドルウェアとIBMビジネスパートナーが提供する業務改革ソリューション(日本IBM)
ヒューレット・パッカードの再生製品プログラム「HP Renew Program」(日本HP)
特集
Webマーケティング特集
内部統制特集
システム連携事例特集
クローズアップ
受注登録システムと販売管理システムの間を ワークフローでつなぎシームレスに連携。 ペーパーレス化の推進と内部統制を実現。

Ruby とDB2 の組み合わせで短期間でシステムを再構築。XML データの活用でパフォーマンスと柔軟性の両立を実現。

「『お客様本位のファイナンス事業』を実現するために、業務のKAIZEN(改善)を続けています。今回FiBridgeIIを導入して、帳票まわりの業務をKAIZENしました」

ウィキを活用し 企業内の“N対Nの情報共有”を加速する「Atlassian Confluence」

AvantGard Quantum導入で決算作業を10日から1日に短縮 〜オペレーションコストを大幅に削減した多国籍食品企業

現行の勤務管理システムでは、対応できないアクセスログを取得し、抜けのない内部統制基盤を構築。

視点

Master Data Management

上級編第1回[第5の業務になるマスターデータマネージメント]

導入事例を読むワザ・作るワザ

第16回:導入事例を作ったら、どう営業に使えばいいのか?

事例ナビの眼

第1回:「いつも最新テクノロジーが必要とは限らない。低価格で地球にも優しい「再生製品」という選択。」

成長企業のための基幹業務システム

第1回:企業の成長基盤としての労務コンプライアンス

海外事例にみる企業のWiki活用

第2回:GPC Biotech社(ドイツ)

経営とITを結ぶアーキテクチャ

第7回:財務リソースの管理とITの結びつき

Twitter公式ナビゲーター twinavi
▲Twitter公式ナビゲーター twinavi